第9回・NPO法人映画甲子園主催セミナーのお知らせ NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2018






第9回・NPO法人映画甲子園主催セミナーのお知らせ

NPO法人映画甲子園は、2015年12月27日()に第9回目のセミナーを行うことを決定いたしました。
〜講師はeiga worldcup2015審査員でもおなじみの映画監督・古厩智之氏〜

講師古厩智之氏(映画監督)

テーマ◎ 役者を動かすための芝居の技(わざ)。

◎ 『あなたは何が好きなのか』を表現する演出術。

場所東京ケーブルネットワーク本社(文京区後楽1-1-7) 5F大会議室 地図

日時2015年12月27日()13時00分〜17時00分 ※懇親会を含む。(開場は12:30)
※必ず、昼食は取ってきて下さい。

参加資格現役高校生、及び、映画部等の顧問の先生。

参加費無料

持参物特にありません。

参加人数先着30名

参加申込参加受付フォームからお願いします。
※代表者名、学校名、人数を明記してください。

主催NPO法人映画甲子園



古厩智文氏1968年、長野県塩尻市生まれ。日本大学藝術学部卒。

1992年『灼熱のドッジボール』でPFFグランプリ受賞。1995年に『この窓は君のもの』で長編デビュー。
同作で第35回日本映画監督協会新人賞を受賞。
『まぶだち』(2001年) で、ロッテルダム国際映画祭タイガーアワード(グランプリ)と国際批評家連盟賞をダブル受賞、『さよならみどりちゃん』(出演/星野真理 西島秀俊 2005年)では、ナント三大陸映画祭・銀の気球賞(準グランプリ)を受賞。
代表映画監督作は『ロボコン』(2003年)、『さよならみどりちゃん』(2005年)、『奈緒子』(2008年)、『ホームレス中学生』(2008年)、『武士道シックスティーン』(2010年)、『『また、必ず会おう』と誰もが言った。』(2013年)、『無花果の森』(2014年)。
最新作は、めーてれTVドラマシリーズ『鉄子の育て方』(2014年)。


※第3回目映画実践セミナー(2014/3/29)報告
※第4回目企画・脚本アドバイスセミナー(2014/6/21)報告
※第5回目特撮セミナー(2014/7/27)報告
※第6回目eigakoushien worldcup出展作品、仕上げのための編集セミナー(2014/8/20)報告
※第7回目脚本講座(2015/3/28)報告
※第8回目撮影実践セミナー(2015/12/19)報告
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2019 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.