第8回・NPO法人映画甲子園主催セミナー(高校生のための撮影実技指導セミナー)のお知らせ NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2018






第8回・NPO法人映画甲子園主催セミナー(高校生のための撮影実技指導セミナー)のお知らせ

NPO法人映画甲子園は、第8回目のセミナーを以下の要領で実施いたします。
〜長田勇市の撮影クリニックセミナー(eiga worldcup2015作品から)〜

講師長田勇市氏(撮影監督)

テーマ◎ eiga worlcup2015の作品全般に対するアドバイスと、「映画にとって撮影とは?」についての講義。

◎ eiga worlcup2015の出展作品を題材にした具体的なカメラと簡便な機材、クレーン等を説明実技指導。

◎ eiga worlcup2015の出展作品を題材にしたカラーコレクター(カラーグレーディング)の使い方指導。

場所東京ケーブルネットワーク本社(文京区後楽1-1-7) 5F大会議室 地図

日時2015年12月19日(土)13時00分〜17時00分 ※懇親会を含む。(開場は12:30)
※必ず、昼食は取ってきて下さい。

参加資格現役高校生、及び、映画部等の顧問の先生。
※ただし、先着5団体のeiga worldcup2015出展作品を クリニック対象といたしますので、ご応募はお早めにお願いいたします。

参加費無料

持参物特にありません。

参加人数先着30名

参加申込参加受付フォームからお願いします。
※代表者名、学校名、人数を明記してください。

主催NPO法人映画甲子園



長田勇市氏1950年、沖縄県石垣島生まれ。1973年東京写真専門学院(現東京ビジュアルアーツ)卒業。

『がんばっていきまっしょい』(磯村一路監督、1997年)で横浜映画祭撮影監督賞を受賞。
『夢みるように眠りたい』(林海象監督、1985年) 、濱マイクシリーズ、『ファンシイダンス』(周防正行監督、1989年)、『ウォーターボーイズ』(矢口史晴監督、2001年)、『8月のクリスマス』(長崎俊一監督、2005年)など多数の作品で撮影監督を務めている。
ほかにもアニメ作品『新世紀エヴァンゲリオン劇場版Air/まごころを、君に』(庵野秀明監督 、1997年)の実写映像部分などを担当。
最新作は『弥勒』(林海象監督、2013年)、『満州の赤い陽』(愛川欽也監督、2014年)、『クロスロード』(すずきじゅんいち監督、2015年)。 協同組合日本映画撮影監督協会会員。一般社団法人日本映画テレビ技術協会会員。


※第3回目映画実践セミナー(2014/3/29)報告
※第4回目企画・脚本アドバイスセミナー(2014/6/21)報告
※第5回目特撮セミナー(2014/7/27)報告
※第6回目eigakoushien worldcup出展作品、仕上げのための編集セミナー(2014/8/20)報告
※第7回目高校生のための企画/脚本講座(2015/3/28)報告
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2019 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.