齋藤竜一氏 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2022


NPO法人映画甲子園主催
「高校生のためのeiga worldcup2022」


齋藤竜一氏 第一次審査員



齋藤竜一氏のプロフィール

昭和75年・神奈川県出身。
高校生のためのeiga worldcup OB。

2016『校内憲兵隊』
   入選
2017『大宇宙軍艦トヤマ』
   優秀美術賞
2017予告編コンテスト『任侠生徒会』
   観客賞
2018『プロジェクトO【吹替版】』
   BS10スターチャンネル賞
   最優秀脚本賞
   最優秀男子演技賞
   優秀撮影賞
   
高校卒業後は自主制作にて昭和40〜50年代風のドラマやCMを製作。顔が東映。

作品では監督・脚本・演技を主に担当し製作にあたっては“世界観・情熱・楽しさ”の三本柱を大切にしている。

斉藤由貴さんのファン。
卒業後の作品や製作に関しては下記をご参照くださいませ。
 

【高校生へ一言】

また、お会いしましたね。
昨年に続いて一次審査員を拝命しました齋藤です。

今年も大会OBとして、そして自主制作の同志として皆さんの情熱第一で作品を審査させて頂く所存です。

感染症についても未だ油断を許さない状況ではありますが社会が徐々に動き始め、皆さんの映画づくりの環境も去年とはまた違ったものになっているかと思います。

皆さんが今年作る映画が皆さんの青春の1ページにビッと刻まれるような映画になること。

そして何より、皆さんが生き生きと楽しんで映画作りに励まれます事。

この二つをお兄さんは願って止みません。



「I feel coke」
「横浜市警捜査4課」

「eiga worldcup2022」の審査員のプロフィール一覧。決定次第、随時追加してまいります。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2022 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.