佐渡寧子氏 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2020



佐渡寧子氏 自由部門第一次審査員(女子演技担当)



佐渡寧子(さどやすこ)氏プロフィール

 フェリス女学院短期大学音楽科声楽専攻卒、同学院ディプロマコース終了。卒業時に三宅春恵賞、優秀賞を受賞。二期会オペラスタジオ37期在籍中に『ファンタスティックス』ヒロイン、ルイザ役で舞台デビュー。東宝では1994年『レ・ミゼラブル』コゼット役、日本初演『回転木馬』キャリー役、『王様と私』タプチム役 など大型ミュージカルで活躍。2002年より劇団四季へ入団 『オペラ座の怪人』クリスティーヌ、『異国の丘』ヒロイン・愛玲、『アイーダ』日本初演アムネリス、『CATS』グリザベラ、『アスペクツ・オブ・ラブ』ローズ役など多くの作品で主演し2015年末に退団。

 現在も舞台やLIVEで活躍する傍ら、恩師と共に近代戯曲研究会を主宰し、後進の指導にもあたっている。OSK松竹歌劇団やテアトルアカデミーで声楽講師も務め、また舞台の歌唱指導者としても活動している。2020年4月より昭和音楽大学芸術運営学科ミュージカルコース非常勤講師に就任。【Studio G-brath】主宰。

Hp ⇒https://yasuko-sado.com/

★CD: 
アルバム『Daylight』
ミニアルバム『The Morments』

高校生の皆さんへ
 今年、思いもよらない事が起きて世界から希望が消えてしまったけれど、そんな中でも私たちは、何かを想い、クリエイトする力を持っています。皆さんの“想像力“と“創造力“ を楽しみにしています!!
「eiga worldcup2020」の審査員のプロフィール一覧。決定次第、随時追加してまいります。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2020 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.