「今日も明日も負け犬。 - Re;birth -」全米学生映画祭正式出品!


高校生のためのeiga worldcup2021最優秀作品
「今日も明日も負け犬。 - Re;birth -」
全米学生映画祭に正式出品決定!

2022年5月17日



 NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2021」最優秀作品賞受賞作品「今日も明日も負け犬。 - Re;birth -」(福岡県立筑紫丘高校 映画今日も明日も負け犬。製作委員会)が、今年の10月21日〜10月23日にアメリカ・ニューヨークのAMC25シアターにて開催される全米最大の高校生の映画祭である全米高校映画祭AAHSFF2022)において正式出品されることが決定いたしました。

 尚、全米学生映画祭は2017年よりNPO法人映画甲子園と提携しており、毎年、相互の優秀作品をお互いのスクリーンにて上映してきております。ちなみに、2020年には、日本から出品した「日本一大きいやかんの話 - The Story of the Largest Kettle -」(東京学芸大学附属国際中等学校)は、国際部門グランプリ(2020 Nominees Winners)にノミネートされました。また、昨年、出品された「幽かな光 - Ghosts' Wishes -」(米子工業高等専門学校放送部)は、「日本の学生映画製作者の才能と情熱を感じる素晴らしい作品」との評価をうけました。

今日も明日も負け犬。 - Re;birth -」がどのような評価を受けるのか、今から楽しみです。

※本ページの内容に関するご質問はお問い合わせフォームからお願いします。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2022 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.