参考動画・地域部門のテーマ『駅』


「高校生のためのeiga worldcup2021」
地域部門のテーマ「駅」
参考短編映画の公開!


2021年8月4日


 今年の「高校生のためのeiga worldcup2021」地域部門の参考テーマは「駅」です。今回、高校生の皆さんと同様に、高校時代に頑張って映画を作り、「高校生のためのeiga worldcup」に応募してくれた、いわゆるeiga worldcupOBOGの方々に、「駅」を題材にした短編映画「かくして僕はバーガーを捨てた」を作っていただきました。

 どのような作品を作ったらいいのか、悩まれている方も多いかと思います。是非、この動画脚本アドバイス日程・人数を参考にして自分達なりの作品を作ってみてください。

 例えば、皆さんがお住まいの地域にある鉄道の「駅」を撮ったイメージ映像、「駅」で働く人たちのドキュメンタリー、「駅」に住み着いている動物の物語、「駅」を舞台にした恋愛ドラマ、なんでも結構です。

 映像のジャンルは必要に応じて、ファンタジー、青春ドラマ、恋愛ドラマ、PV、SF、アニメ、時代劇等々、なんでも結構です。様々なスタイルの映像でチャレンジしてみてください。個性的な作品を期待しています。

 尚、エントリー要項はコチラをご覧ください。


 ストーリー

 舞台は工業地帯に位置する海沿いの田舎町。
 新米脚本家の立津 譲二(りっつ じょうじ)は新たに作る映画の脚本を考えるため、ロケハンとして自身の故郷を訪れていた。
 しかし、彼は帰りの電車に乗り遅れてしまい、田舎の駅で1時間の待ちぼうけを食らう。
 そんななか、駅で次の電車を待つ彼はさまざまな人々を目にする。
 父親が危篤で今の1時間をもどかしい思いで待つ女性。
 もっと一緒にいられる時間があればいいのに、と1時間の中で別れを惜しむカップル。
 帰省してくる娘と会うのが楽しみ過ぎて、1時間も早く駅へ迎えに来てしまった父親。
 写真と人の出会いを通して、1時間にわくわく感を見出す高校生。
 駅は誰かにとって始発駅かもしれないし、終着駅、乗り換えのための途中駅かもしれない。
 これは、電車を待つたった1時間のなかで起こった出会いの物語である。

 キャスト

立津譲二平田真章(大阪明星学園高等学校 放送部 卒)
西村百合子西村咲(千葉県立小金高等学校 放送局 卒)
戸梶みゆ戸梶美雪(高知学芸高等学校 映画研究部 卒)
鍛治達哉鍛治岬輝(桃山学院高等学校 帰宅部 卒)
星野結衣星野南月(静岡県立富士高等学校 映画研究部 卒)
野口夏野口理美(埼玉県立小川高等学校 放送部 卒)
野口智弘星野和之
野口真紀子星野真紀子

先輩(声)齋藤竜一(神奈川県立大磯高等学校SF研究部 卒)
立津の母(声)鍛治則子
西村百合子の父水田実


 高校生へのアドバイス

 まず、撮影場所が駅という点。トラックや工場の作業音など、雑音が多く録音に最も苦労しました。アフレコしたり、ピンポイントで集音できるマイクを使うなどの工夫が必要です。

 次に、スケジュールに関する点。私たちが撮影した駅は1日に電車が3本しかなく、そのうち撮影時間に走る電車は2本だけでした。そのため、電車を映したいシーンの撮影に苦労しました。電車が映るシーンを撮りたい場合は、時刻表をしっかり調べて、カット数も含め、よく計画を練る必要があると思います。

 最後に、地域部門で「駅」がテーマである点。このテーマは、脚本づくりをかなり悩ませました。田舎の駅を舞台にすれば良いと考えましたが、ただ舞台が駅というだけでは、テーマの意味や良さを十分に表現できていないと考えたからです。
 今回は「駅自体のさまざまな人が訪れる場所」という特徴と「電車に待たされる時間」に着目しました。そして、主人公の地域への想い、さらに家族への想いを物語に織り込みました。このように駅という舞台で、地域と家族への想いを両方盛り込んだように、地元の駅をドキュメンタリーにする以外にも、柔軟な発想で物語を考えてみて欲しいと思います。地域部門は自由部門と比べて制約が多いイメージですが、地域に改めて着目して、さまざまな人の想いが交錯する「駅」というドラマチックな舞台で作品を撮れることは、大変貴重な機会だと思います。
 みなさんの作品を楽しみにしています。

by 星野南月さん、鍛治岬輝さん(合同監督・脚本) 

 スタッフ

監督・脚本 :星野南月(静岡県立富士高等学校 映画研究部 卒)、鍛治岬輝(桃山学院高等学校 帰宅部 卒)
編集 :野口理美(埼玉県立小川高等学校 放送部 卒)
撮影監督 :二島大和(千葉県立柏中央高等学校 放送部 卒)
撮影 :鍛治岬輝(桃山学院高等学校 帰宅部 卒)
録音 :鍛治岬輝(桃山学院高等学校 帰宅部 卒)、野口理美(埼玉県立小川高等学校 放送部 卒)
美術 :齋藤竜一(神奈川県立大磯高等学校SF研究部 卒)
音響・音楽 :鍛治岬輝(桃山学院高等学校 帰宅部 卒)、星野南月(静岡県立藤富士高等学校 映画研究部 卒)
機材提供 :隈崎鈴夏(私立横須賀学院高等学校 硬式テニス部 卒)、深瀬大明(日本工業大学駒場高等学校 映画愛好会 卒)
ロケ地提供 :日進月歩
制作 :Broaders Twitter YOUTUBE

 日程・人数

日数 人数
原案思案 14日 2人
脚本作成 7日 2人
ロケハン 1日 2人
小道具作成 1日 1人
撮影(駅、貸しスペース) 1日 10人
撮影(自宅) 半日 5人
アフレコ収録 半日 4人
撮影 半日 4人
編集 1日 3人
効果音準備、音楽用意 (編集と同時) 1人
※本ページの内容に関するご質問はコチラからお問合せをお願いいたします。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2021 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.