第10回茅ケ崎映画祭「みんなの映画」


第10回茅ケ崎映画祭
「みんなの映画」(6月20日)報告


2021年06月21日



「街と人がつながる、手作りの映画祭」をコンセプトに2012年に始まった茅ケ崎映画祭は今年で第10回目を迎え、その一環として、6月20日(日)に茅ケ崎市立図書館で開催された「みんなの映画」イベントでは、eiga worldcupからの6作品が上映されました。

 また、上映された映画を制作をした神奈川県立横浜翠嵐高校、神奈川県立藤沢清流高校、神奈川県立藤沢総合高校の皆さん(OB、OG含む)がゲストとして参加し、舞台挨拶、アフタートークに臨みました。

 尚、会場に集まった人々からは、「高校生の映画を観る機会がなかったのでよかった」「レベルが高くてびっくりした」「しっかりした考えを持っている」等の声が聞かれたそうです。

当日の様子


舞台挨拶する藤沢清流高校の皆さん

舞台挨拶する藤沢総合高校の皆さん

アフタートークでマイクを手に取る横浜翠嵐高校OBの内田君

最後は映画祭の皆さんとも一緒に記念撮影

上映された6作品

eiga worldcup2019みゆき野映画祭賞

Unforgettable Scene
郁文館グローバル高等学校
アフリカゼミ
監督:新名さくら

eiga worldcup2020最優秀録音賞

朝を待つ君へ -LA CLEF DU JOUR-
東京都立工芸高等学校全日制映画研究部
(ラスパイユ高校との共同制作)
監督:望月壮

eiga worldcup2020優秀作品賞

森は鳴き止まぬ
神奈川県立藤沢総合高等学校
「映像表現」
監督:スィーヤウォン麗

eiga worldcup2020入選

取る人と盗る人
神奈川県立横浜翠嵐高等学校
放送委員会(SMBC)
監督:内田亮介

eiga worldcup2020佳作

クビナシ男とカンペキ少女
神奈川県立藤沢清流高等学校
映像有志
監督:金目美月

eiga worldcup2020地域部門最優秀作品賞

高麗をめぐる
神奈川県立横浜翠嵐高等学校
放送委員会(SMBC)
監督:内田亮介
※本ページの内容に関するご質問はコチラからお問合せをお願いいたします。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2021 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.