ハンブルク日本映画祭開始



ハンブルク日本映画祭、8月19日から開始!
「高校生のためのeiga worldcup」からの6作品も上映


2020年8月17日




ハンブルク日本映画祭が、8月19日に開始されます。詳細はハンブルク日本映画祭の公式サイトをご覧ください。

例年ですと、ハンブルクにある映画館にて実際に上映されるのですが、今年は世界的に新型コロナ流行の影響により、オンラインによる上映となります。

また、日本からのチケット購入は、一部を除いて可能ですので右記コチラをご参考下さい。

「高校生のためのeiga worldcup」応募作品の中から上映されるのは以下の6作品になりますが、「君が笑ってくれるなら」「夢見る乙女のcontinue」「シシリンキウム」「日本一大きいやかんの話」は「高校生のためのeiga worldcup」の最優秀賞受賞作品として、また、「グルメ」、「ぼくatトイレ」は、過去も含めたeiga worldcup入選作品に海外上映のチャンス!の記事の規定に従い、NPO法人映画甲子園より、先方の事務局に推薦し、上映していただくことになった作品です。

過去にeiga worldcupご出品頂いた作品で海外上映を上映を希望される方は、是非、コチラのページの条件を確認していただきお問合せ下さい。
※本ページの内容に関するご質問はお問い合わせフォームからお願いします。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2020 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.