「みゆき野映画祭in斑尾〜北欧・日本国際短編映画祭〜」開催!






「みゆき野映画祭in斑尾〜北欧・日本国際短編映画祭〜」開催!
eigaworldcup2019同映画祭賞受賞作品上映!


2020年2月16日


 昨日(2月15日(土))、第12回みゆき野映画祭in斑尾〜北欧・日本国際短編映画祭〜が長野県飯山市の斑尾高原にて開催され、北欧5か国とサーミの短編映画や、地元飯山の作品に加えて、NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2019」の地域部門において「みゆき野映画祭in斑尾〜北欧・日本国際短編映画祭〜賞」を受賞した「刻を越えて〜旭川を見守る店〜」(北海道旭川工業高校KBS旭工放送局)、「Unforgettable Scene」(郁文館グローバル高校アフリカゼミ)、「NEBUKAWA」(神奈川県立藤沢清流高校清流映画班)、「AIBOU」(大阪明星学園明星高校放送部)の4作品が雪で作られたスノーシアター (斑尾高原ホテル正面)で上映されました。

「フィンランドと同じ、雪のスクリーンで、山の中での風、寒さ、音の響き、そして、斑尾高原スキー場のリゾート感覚で、長野県飯山市の自然と映画を、身体で体感。」(NPO法人映画甲子園・山田専務理事談)


刻を越えて〜旭川を見守る店〜
北海道旭川工業高校KBS旭工放送局

Unforgettable Scene
郁文館グローバル高校アフリカゼミ

NEBUKAWA
神奈川県立藤沢清流高校清流映画班

AIBOU
大阪明星学園高等学校放送部

 また、上映会に先立って、飯山市文化交流館なちゅらで行われた「北欧文化プログラム」には、ペッカ・オルパナ・フィンランド大使がゲストとして招待され、シンポジウムと懇親会が開催されました。
 イベントには、足立飯山市長を始め地元の皆さんや、「みゆき野映画祭in斑尾〜北欧・日本国際短編映画祭〜賞」を受賞した大阪明星学園高等学校、神奈川県立藤沢清流高校の生徒たちに加えて、東京学芸大学附属国際中等学校の矢座孟之進君も参加し、それぞれが交流を深めました。


会場内に飾られた日本とフィンランドの国旗

挨拶をする足立正則飯山市長

ペッカ・オルパナ・フィンランド大使の講演

ペッカ・オルパナ氏と会話する矢座孟之進君

大会説明をするコーディネータの橋本晴子氏

和やかな懇親会会場

スノーシアター前での記念撮影

雪の壕の中で温めあう藤沢清流高校の皆さん

上映作品の説明をする大阪明星学園の生徒の皆さん
※本ページの内容に関するご質問はお問い合わせフォームからお願いします。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2019 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.