WHFS2019にて世界中の高校生映画上映





WHFS2019にて世界中の高校生映画上映!

2019年11月30日


 本日(11月30日)、東京工芸大学2号館シアターにおいて、WHFS2019の上映会が行なわれました。今年の上映会の目玉は北欧のフィンランド映画特集です。コーディネーター役のスノーコレクティブ・橋本晴子氏によるフィンランド映画教育の現状について講演があり、日本ではめったには聞けない講演内容に、観客の皆さんも熱心に耳を傾けていました。

 続いて、フランス高校映画祭(Festival cinelycee)、全米学生映画祭(AAHSFF2019)、アジア学生映画祭(AAYFF2019)のグランプリ作品が上映され、それぞれが特徴のある世界観を見せてくれました。

 そして、最後に上映されたのが昨年のeiga worldcup2018の自由部門・最優秀作品賞受賞作品の「シシリンキウム」(高知学芸高校)です。この作品は、日本の高校生映画らしい微妙な人間関係の機微を描いたこの作品で、すでに全世界5か国(アメリカ、フランス、ロシア、フィリピン、ルワンダ)で上映され、好評を博しており、今後も数か国での上映される予定になっています。


WHFS2019のポスター


フィンランドの映画教育についての講演


中国代表「山のあなた」上映


日本代表「シシリンキウム」上映

※本ページの内容に関するご質問はお問い合わせフォームからお願いします。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2019 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.