NPO法人映画甲子園がアジア国際青少年映画祭(AIYFF)日本と連携





NPO法人映画甲子園がアジア国際青少年映画祭(AIYFF)日本と連携!
「高校生のためのeiga worldcup」の作品がアジア国際青少年映画祭(AIYFF)に
日本からのノミネート作品として選考されることになりました。
2019年11月25日


このたび、「高校生のためのeiga worldcup」(主催:NPO法人映画甲子園)と「アジア国際青少年映画祭(AIYFF)日本」が連携をすることになりましたのでご報告いたします。

この連携により来年2020年11月に武蔵野美術大学で開催される第14回アジア国際青少年映画祭(AIYFF)に日本からのノミネート作品のうちの1作品が2019年度の「eiga worldcup2019」自由部門入選作品の中から選出されることになりました。なおほかの作品は、大学院、大学、専門学校からの応募作から選ばれます。
また、ゆくゆくはアジア国際青少年映画祭(AIYFF)に高校生部門を新設し、日本からのノミネート候補作品の推薦をNPO法人映画甲子園から行うという構想も提案されています。

アジア国際青少年映画祭(AIYFF)は、2004年に韓国内の青少年映画祭から始まり、2006年に日本、中国、韓国の合議により現在の名称となりました。映像を通じてそれぞれの国との青少年相互理解の促進を目的としており、映画祭の期間中、各国の予選を通過した学生制作の短編映画が上映され、審査員により優秀作品が選ばれます。
本年第13回映画祭は、北京電影学院、韓国芸術総合学校、早稲田大学など16大学6高校の学生が参加し、24作品がノミネートされ10月25日から28日まで韓国ソウルにおいて行われました。


第11回アジア国際青少年映画祭
中国での受賞した慶応の学生

第12回アジア国際青少年映画祭
中国での日中韓の審査員。

第13回アジア国際青少年映画祭
韓国に参加した日本の学生と審査員

本件に関してのお問合せはコチラからお願いいたします。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2019 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.