ルワンダ・ガヒマ・アガペセカンダリースクールにてeiga worldcup過去グランプリ作品と2019年応募作品「Unforgettable Scene」(郁文館グローバル高校)の4作品上映





日本の高校生自主制作映画、アフリカ大陸上陸!

2019年10月30日



去る10月28日、東アフリカのルワンダ・ガヒマ・アガペセカンダリースクールにおいて、過去の「高校生のためのeiga worldcup」最優秀作品賞受賞3作品と、2019年応募作品「Unforgettable Scene」(郁文館グローバル高校)の合計4作品が上映されました。「Unforgettable Scene」は郁文館グローバル高校・アフリカゼミの高校生と現地の生徒との交流を描いたセミ・ドキュメンタリー作品です。

尚、今回の上映では、郁文館グローバル高校・アフリカゼミ担当の小浜龍太郎先生と現地のJICA青年海外協力隊・津村卓哉先生のご厚意により、実現したものです。

2015年度最優秀作品賞

君が笑ってくれるなら
埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科


2017年度最優秀作品賞

夢見る乙女のcontinue
国立米子工業高等専門学校 放送部


2018年度最優秀作品賞

シシリンキウム
高知学芸高等学校 映画研究部


2019年度応募作品

Unforgettable Scene
郁文館グローバル高等学校 アフリカゼミ

以下、現地の津村先生からのご報告です。

「Unforgettable Scene」は、郁文館グローバル高等学校の生徒さんと共同で作った作品ということで、生徒たちも喜んでくれました。

また、3作品についても現地の先生、生徒から「これはどこで作ったの?」「生徒だけでこれを、しているの?」という声を聞くことができ、日本の活動に対して興味が湧くきっかけが、また一つできたように感じます。

一方で上映会全体を通してみて、彼らにとっては少し解りづらいところもあったのかな、という印象でした。
最初、映像を見せるということで、みんな興味を持ってくれていたのですが、生徒たちの中で、比較的英語がわかる生徒でも、英語字幕の切り替わりが早すぎて、目が追いつけていなかったり、会話によりストーリーが進んでいく部分が多かったので、集中力が続かなかったりという生徒が散見されました。
今後の参考になればと思います。
上映会場
名前ガヒマ・アガペセカンダリースクール
場所ルワンダ、東部県ンゴマ群、丘の上の学校
生徒数約160名 
生徒の年齢層中学1年生〜高校年生相当(13-20歳ほど)
ポリシー「教育の質」だとききました。粘り強く教育に取り組む生徒の育成を目指しているようです。(津村先生)


ルワンダの風景

ガヒマ・アガペセカンダリースクール

上映風景

PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2019 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.