日本の高校生映画・ロシアにて初上映!(ロシア・レニングラード州トスノ市)





日本の高校生自主制作映画・ロシアにて初上映!
2019年9月29日、日本文化デー(ロシア・レニングラード州・トスノ市)

2019年10月11日



9月29日,サンクトペテルブルク市およびレニングラード州における「日本の秋」フェスティバル(在サンクトペテルブルク日本国総領事館主催)の一環として,レニングラード州トスノ市で「日本文化デー」が開かれました。同イベントには約500名の市民が来場し,生け花や墨絵といった伝統文化,折り紙,アニメや映画まで,多彩な日本文化との出会いの場となりました。なかでも日本の高校生による自主製作短編映画(NPO法人映画甲子園提供)無料上映会は好評を博しました。上映会場は1時間にわたりほぼ満席の状態で,地元市民の皆さんに日本の高校生の作品を十分に味わっていただきました。

今回の、「日本文化デー」における日本の高校生自主制作映画の上映は、おそらく、ロシアにおいて初めての上映となる画期的なもので、とても有意義な事でした。実現にあたって、ご尽力いただいた在サンクトペテルブルク日本国総領事館、レニン州対外関係委員会,トスノ市の関係者の方々に厚く御礼を申し上げます。


eiga worldcup2015最優秀作品賞

君が笑ってくれるなら
埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科


eiga worldcup2017最優秀作品賞

夢見る乙女のcontinue
国立米子工業高等専門学校 放送部


eiga worldcup2018最優秀作品賞

シシリンキウム
高知学芸高等学校 映画研究部


トスノ市遠景

会場となった映画館

墨絵教室

折り紙教室

「君が笑ってくれるなら」が上映される

満足そうな笑顔の観客たち
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2019 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.