NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2018

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

応募開始は8月1日(水)。9月20日(木)まで。

審査員も続々決定!

今年は、東京工芸大学・中野キャンパスでお会いしましょう!

フランス高校映画祭(2018年秋:パリ・ポンピドーセンター)にてeiga worldcup優秀作品招待上映予定

昨年のフランス高校映画祭での招待上映作品は「妄想したってイイじゃない!」(米子高専)

応募〆切は、6月20日(水)!



竹友あつき、及び、本企画(審査員、スケジュール、副賞等)に関してはコチラからご参照下さい。


神奈川県 湘南工科大学附属高等学校 AVE部 棚田和樹
今回初めて映像作品を大会に応募します。楽しく作れました。
東京都 海城学園高校 映画製作同好会 佐々木啓介
このPVを見る百人の人々が、百通りの解釈ができる。そんな歌の良さを引き立てる作品を目指しました。所々至らない点がありますが、我々の意図を感じ取って頂けたら嬉しいです。前年度同様、評価を勝ち取りたいです!
神奈川県 神奈川県立大磯高等学校 SF研究部 高橋愛
表向きはみんなと仲がいい瞬一に、笑顔で付き合う友人達。ヒーロー気取りの表れ、「マント」が彼の目に見えた時から、闘いが始まる。どうやって葛藤から抜け出せるのか。
東京都 日本大学鶴ヶ丘高等学校 放送部 鈴木理佳子
過去を追っていきながら現在の物語が進んでいきます。現在と過去の違いや、その後の未来を想像して楽しんでいただけたらなと思います。
神奈川県 神奈川県立住吉高校 Beginnersアンドマルチメディア部 赤坂寿美乃
今回は私の高校の後輩たちも巻き込み、アントニーさん、竹友あつきさんご本人さえも巻き込み作品を作りました。まだまだ反映すべき点が見られてしまう作品ですが、今撮れる力を出し切ったと思っています。今回のテーマはずばり「将来の夢」私も高校2年生なのでそろそろ進路を決めなければならないとたまに憂鬱になります。そんな高校生ならではのもやもやと戦う姿が撮れていたら幸いです。少しでも誰かの心に残るような作品になれたらうれしいです。
東京都 関東国際高等学校 岡野直史
ひとりなので編集でがんばりました。 我思う処に我無し。
埼玉県 国立筑波大学附属坂戸高等学校 Itsuki Project 宮崎一樹
この作品は、発案からシナリオ起こし、計画、打ち合わせ、撮影、編集をわずか数時間で行った超最速MCです。誰もが経験する友達とのいざこざや、自分がわからなくなってしまったり自暴自棄になってしまったり…ということを2分半に閉じ込めました。実は「現代のコミニュケーションに欠かせないスマホの怖さ」という裏テーマを設け作品を作りました。身近なデジタル機器やSNSがもたらす、昔とは違うストレスを多数回でてくるスマホで表現しました。是非、歌詞をお手元にご覧ください。
長野県 長野女子高等学校 総合文芸部コンピューター班 勝山実咲
歌詞を自分なりに解釈して物語を作りました。野球が好きなので野球少年の悩みを曲に表現してみました。物語のテンポを曲のリズムに合わせたところに注目してみてください。
北海道 北海道シュタイナー高等学園いずみの学校 映画研究部 上野辰太朗
映画甲子園には昨年に続き二回目の参加です。昨年の経験を活かし北海道の美しい自然と、学校の自由な雰囲気が伝わる作品を作りました。観ていただく皆さんにもそれが伝われば嬉しいです。
鹿児島県 鹿児島県立松陽高等学校 美術科映像専攻 永井樹里
今度で2回目の出品となります。この映画は、過去の自分と未来の自分を見つめなおし、自分の未来を自分で決めようとする高3生の心情を描いています。なかなか十分な時間がとれませんでしたが、伝わって欲しいです。
東京都 東京都立西高等学校 映画研究部 小島夕映
私達が動くと、大人は見透かした様に叱ったり賞賛したりする。そんなの嫌だ。0点をつけられても花丸をつけられても、私達は満足しない。大人の評価からいちぬけたい!

とか言ってる高校生も大人になるんだけどね
愛知県 愛知県立天白高等学校 KIKIFILM 林大智
同世代として感じていることをポストイットを使って少女に投影して表現しました。
東京都 日本大学鶴ヶ丘高等学校 個人参加 松本花奈
歌の届けたい想いを、映像でも届けられたらと思っています
神奈川県 神奈川県立住吉高校 Beginnersアンドマルチメディア部 赤坂寿美乃
下手な演技をするよりも、私たちのありのままを撮ったミュージッククリップを作ろうということで、馴染みのある多摩川で撮影しました。綺麗な空模様の下、自然な表情が伝われば幸いです。
こだわった点は、最期に夕日のカットや、撮影後の打ち上げの雰囲気を映像にそのまま取り入れた点です。
この映像で、少しでも皆様の心に私達の思いが伝われば嬉しいです。
東京都 東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 二橋京也
二年生が企画の中心となり、何本か制作中です。監督ごとの違いをお楽しみください。
山形県 山形県立庄内農業高等学校 映画演劇部 佐藤のはら
一昨年は初挑戦で優秀賞を頂き北海道東北地区代表に選ばれましたが、昨年は入賞する事が出来ませんでした。今年こそ、最優秀賞を頂きたいと思います!今年は農業高校らしさを封印しました(笑)。普通すぎたかな?!
東京都 日本大学鶴ヶ丘高等学校 放送部 堀澤咲永
一番最後のシーンで「いちぬけた」がBGMとして流れます。一番盛り上がる場面なのでそこが見どころだと思います。
東京都 東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 樋口苑子
監督として初めての作品です。キャストの皆の協力によって楽しくスムーズに撮影できました。曲に合わせてストーリーを考えました。ビー玉キラキラしてます。
長野県 長野女子高等学校 総合文芸部コンピューター班 笠原弘江
ロボットの恋の物語です。特に画面の切り替わりと音の切り替わりが合うようによく聞いて作りました。ロボットの表情に注目してご覧ください。
福島県 福島県立郡山高等学校 放送部 前田颯斗
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2019 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.