松本花奈さん NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2020



松本花奈さん 自由部門第一次審査員に就任



松本花奈さんのプロフィール

1998年生まれ、大阪府出身。 慶應義塾大学総合政策学部在学中。

初長編監督作品 映画「真夏の夢」がNPO法人映画甲子園主催eiga worldcup2014最優秀作品賞を受賞、史上最年少の16歳でゆうばり国際ファンタスティック映画祭に正式出品。
翌年、同映画祭にて映画『脱脱脱脱17』が審査員特別賞・観客賞を受賞。
第29回東京国際映画祭フェスティバルナビゲーターに就任。
2018年4月にTBS『情熱大陸』に出演する。

山戸結希監督が企画・プロデュースを手掛け、総勢15名の新進映画監督が集結したオムニバス映画『21世紀の女の子』にも参加し、映画、TV、MV、広告、写真と幅広いジャンルで活動をしている。

代表監督映画作は、『脱脱脱脱17』(2016)、『スクールアウトサイダー』(2017)『過ぎて行け、延滞10代』(2017)、オムニバス映画『21世紀の女の子』「愛はとどこにも消えない」(2019)、『キスカム!〜COME ON,KISS ME AGAIN!〜』(2020)等。

「脱脱脱脱17」の予告編
「キスカム」の予告編

「eiga worldcup2020」の審査員のプロフィール一覧。決定次第、随時追加してまいります。
PAGE TOP ▲


 Copyright(C) 2020 NPO法人映画甲子園 All Rights Reserved.