夢見る乙女のcontinue、WHFS2018での上映決定 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2018

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

自由部門の入選、佳作は、11月23日(祝・金)の表彰式において合格作品の中から発表/表彰されます。

NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」応募全作品

「高校生のためのeiga worldcup2018」審査員、アドバイザー




「高校生のためのeiga worldcup2017」最優秀作品賞受賞作品
「夢見る乙女のcontinue」(米子工業高等専門学校 放送部)
WHFSでの上映決定!



NPO法人映画甲子園は、WHFS(ワールド・ハイスクール・フィルムサミット)において「高校生のためのeiga worldcup2017」最優秀作品賞受賞作品「夢見る乙女のcontinue」(米子工業高等専門学校放送部)を上映することを決定いたしました。

本作品は、最優秀作品賞のみならず、優秀編集賞(島崎寛己さん)、最優秀女子演技賞(升田乃愛さん)、最優秀監督賞(河本幸樹さん)も併せて受賞しており、下記は、その時の一幕です。


今年のWHFSは、世界各国の最高峰の高校生映画の上映を予定しておりますが、それを迎え撃つ形となった日本代表のこの作品も、現代日本の女子高校生の身近な恋愛と友情をコミカルに扱っている秀作です。

以下、監督の河本幸樹さんからのPRコメントです。
文芸部の恵梨香は、クラスのイケメン泰斗をモデルに小説を書くものの、いつも最後まで書けないでいた。そんな中、文化祭のクラス企画で、泰斗が出る演劇の脚本を書くことになり、俄然やる気になるのだった。

ネットで既にご覧の方も、大きな画面でこの映画を観に、是非、WHFS2018にご来場ください。
尚、WHFSは、2018年11月23日(金)に東京工芸大学・中野キャンパスにて開催されます。開催の詳細に関しては、当HPにて随時発表していきたいと思います。
PAGE TOP ▲