「君が君で君だ」試写+トークショーin 都立工芸高校 NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

応募開始は8月1日(水)。9月20日(木)まで。

審査員も続々決定!

今年は、東京工芸大学・中野キャンパスでお会いしましょう!

フランス高校映画祭(2018年秋:パリ・ポンピドーセンター)にてeiga worldcup優秀作品招待上映予定

昨年のフランス高校映画祭での招待上映作品は「妄想したってイイじゃない!」(米子高専)

応募〆切は、6月20日(水)!

「君が君で君だ」試写+トークショーin 東京都立工芸高等学校 開催報告


昨日、6月8日(金)、東京都立工芸高等学校・視聴覚室において、「君が君で君だ」試写+トークショーが開催されました。


トークショーの講師は、松居大悟監督阿部広太郎プロデューサー渡辺尊俊宣伝プロデューサーの3名です。

映画「君が君で君だ」は、とても刺激的な内容で、賛否が完全に分かれるようなタイプの映画といいましょうか、とにかく、面白かった/つまらなかった というような単純な軸で語ることなど到底できないような、良くも悪くも"ヤバい"映画でした。そして、観終わった後、何かを語らずにはいれない映画でもありました。
以下、試写後に書いていただいたアンケートから、いくつか感想をピックアップさせていただきます。
彼らには共感できる部分もできない部分も沢山ありましたが、本当に感じ方が別れると思いました。この映画は本当に一言で言うなら、一言で表せない映画、でした。衝撃だらけで、引いてしまうようなインパクトのある内容も含めてこの映画がとても好きです。 松居監督が表現したかった愛について、とても共感できました!(15歳・女性)

映画を見終わった後も心に複雑な感情が入り交じったりと不思議な感覚で今まで見た映画のなかでも衝撃が強くて記憶に残る映画でした!(17歳・女性)

ごめんなさい。
監督の考える「愛」が自分の解釈と一致させることができず、楽しみきれませんでした。 (ただの個人の意見ですが) どうしても独りよがりで身勝手な恋愛未満の病的な執着心にしか感じられませんでした。 でもカメラワークや照明の演出はすごく素敵だなと思いました。ギャグも面白かったです。(15歳・女性)
試写会の後、行われたトークショーでは、大学時代に同級生だった監督とプロデューサーがどういった経緯で、この映画を作ることになったのかという話や、自分のなりたい職業に就くためには、どうしたらいいのか?等の話がありました。
トークショーの詳しい内容は後日、YOUTUBEにて公開いたします。お楽しみに!

尚、「君が君で君だ」の劇場公開は7月7日。上映劇場及び最新情報は映画「君が君で君だ」オフィシャルサイト映画「君が君で君だ」公式Twitterよりゲットしてください。

また、NPO法人映画甲子園では、「君が君で君だ」全国高校生予告編コンテストを開催中。
作品の応募及び提出〆切は6月20日です。まだ、間に合います。皆さん、奮ってご応募ください!


JR総武線・水道橋駅間近にある東京都立工芸高等学校

「君が君で君だ」試写上映中

学生からの質問に答える松居大悟監督

最後は講師陣を囲んでの記念撮影
PAGE TOP ▲