フランス高校映画祭との提携 NPO法人映画甲子園主催 高校生のための eiga worldcup2018

共催:東京工芸大学 最終結果発表&表彰式:2018年11月23日(祝・金)東京工芸大学 中野キャンパス

自由部門の入選、佳作は、11月23日(祝・金)の表彰式において合格作品の中から発表/表彰されます。

NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」応募全作品

「高校生のためのeiga worldcup2018」審査員、アドバイザー




フランス高校映画祭(Festival CineLycee)との提携が決定!



今年も、一昨年、昨年に引き続き、NPO法人映画甲子園はフランス高校映画祭Festival CineLycee)と提携いたしました。

フランス高校映画祭Festival CineLycee)は、パリを中心とした映画学科のある高校が集まり、自分達が制作した作品の上映会が行われ、映画・映像業界で活躍する卒業生、指導教官等からなる審査委員会による審査員賞や、観客投票による観客賞などが決められる大会です。毎年、パリ・ポンピドーセンターにおいて、開催されており、今年は、11月10日(土)が開催予定日になっています。

今年も「eiga worldcup2017」優秀作品が上映予定。詳細に関しては追ってお知らせいたします!

2016年の第9回大会では、「eiga worldcup2015」で最優秀作品賞を受賞した「君が笑ってくれるなら」(埼玉県芸術総合高校)が、そして、2017年の第10回大会では、「eiga worldcup2016」で最優秀作品賞を受賞した「妄想したってイイじゃない!」(米子工業専門学校)が招待上映されました。

尚、それぞれの大会の報告レポートは、第9回フランス高校映画祭 第10回フランス高校映画祭をご覧ください。


「君が笑ってくれるなら」(埼玉芸術総合高校)フランス語字幕版

「妄想したってイイじゃない」(米子工業専門学校)フランス語字幕版

また、NPO法人映画甲子園主催「高校生のためのeiga worldcup2018」の連携イベント・WHFS2018(ワールド・ハイスクール・フィルムサミット)(2018年12月25日:東京工芸大学・中野キャンパス)にフランス高校映画祭からの優秀作品を提供していただくことが決定しております。作品に関しては追ってご紹介させていただきます。

以下は昨年の第10回フランス学生映画祭の模様です。

フランス高校映画祭当日のポンピドーセンター

ポンピドーセンター内の案内板

会場に集まった映画を学ぶフランスの高校生と関係者たち

フランス高校映画祭の審査員(各学校の先生方)

ついに「妄想したっていいじゃない!」が上映される。

「妄想したっていいじゃない!」が上映されたことを記す公式HP

以下は一昨年の第9回フランス学生映画祭の模様です。

フランス高校映画祭当日のポンピドーセンター

会場に集まった映画を学ぶフランスの高校生たち

NPO法人映画甲子園・フランス特派員の市川氏。その左にいるのがバロー氏

ついに「君が笑ってくれるなら」が上映される。

受賞の瞬間はフランスでも感動的シーン

大会後の楽しそうな懇親会風景
PAGE TOP ▲